1
小満から 日経ちました
しょうまん

万物がしだいに成長して天地に満ち始めるという意味。

15
芒種まであと 日です
ぼうしゅ

芒とは「のぎ」のことで、芒種は麦や稲などのぎのある穀物を指す。この時期に麦類の刈り取りを行い、稲の苗を植える。穀物の収穫と播種、田植えのある最も重要な季節である。

日曜日

2022
5
22
ガールスカウトの日
【ホタル前線】今年も西日本ではホタルが姿を見せるようになってきました。日本には約40種のホタルの仲間がいますが、このうち数が多いのはゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタルです。ゲンジボタルは北は青森から南は鹿児島まで、ヘイケボタルは北海道から九州、韓国にも分布しています。そして気象庁で観測の対象としているのもこの2種です。成虫が光を放ちながら飛んでいるのをはじめてみた日を初日としています。この図は平年ホタルが見られる時期を表したものです。ホタルのあらわれる時期は、九州、四国などでは5月の中旬から、6月に入ると本州の大部分で見られるようになる。そして次第に北上し、7月になると東北や北海道で姿が見られるようになる。朝の最低気温が16度を上回るようになるとホタルが見られるようになるようです。ホタルを鑑賞するのは日が沈んだ後の1時間から2時間が最も多く飛び回るそうです。ホタルの幻想的な光を見に行ってみてはいかがでしょうか?