8
秋分から 日経ちました
しゅうぶん

秋分は仲秋八月の中気。二十四節気の秋の季のちょうど中間にあたっている。春の春分の対称点に当たる。春分と同じく、昼夜は長さが等しくなり、太陽は真東から昇って真西に沈んで行く。暑さもようやく収まって、しのぎやすい気候となる。

8
寒露まであと 日です
かんろ

白露から一か月がたち、朝の冷気は一段と増して、寒々と凍るかと思うばかり。寒露は季秋九月の建戌(けんじゅつ)の月の節気。

水曜日

2020
9
30
両親の日
【お天気のぐずつく頃】日本で雨の季節と言いますと、6月から7月にかけての梅雨がすぐ頭に浮かびますね。でも実は春夏秋冬、季節の変わり目ごとに、梅雨と似たような、ある期間お天気のぐずつく事があるんです。春は3月頃、ちょうど菜の花の咲く時期であるため、なたね梅雨と呼ばれています。6月から7月にかけては、梅の実が熟す頃であるため、昔から梅雨と呼ばれて、日本の代表的な雨の季節です。そして9月から10月上旬にかけてが、秋霖、いわゆる秋の長雨の時期です。また12月初め頃にお天気のぐずつく時、さざんかの花が咲く頃であるため、さざんか梅雨とも呼ばれています。いづれも本格的な季節へ移る時への、経過期間なのでしょう。今はまだ秋霖の時期、本格的な秋晴れのシ−ズンは、もうすぐそこです。