3
雨水から 日経ちました
うすい

大気の気温が上昇して、今まで雪やあられとして降っていたものが、雨になって降るようになるというころ。

12
啓蟄まであと 日です
けいちつ

地中に巣ごもりしていた虫たちが、いよいよ本格的に動き始める頃という意味。

木曜日

2024
2
22
ヘッドホンの日
【大陸からの春の使者】春が近づいて、日差しが次第に強くなってくると、暖められた空気が強い上昇気流になり、中国大陸北部の乾燥した「黄土地帯」の細かな砂が空高く舞い上げられます。その砂が上空の偏西風に運ばれて日本列島にやってくる。それが黄砂です。黄砂がやってくると、空が黄褐色になることや、日差しが遮られることもあります。また、春まだ浅い北国では積っている雪がうっすらと黄色味を帯びたり、降ってくる雪にまじると、黄色っぽい雪が降ることもあります。春の空が白っぽいのは、大気中の水蒸気が増えるためですが、黄色っぽいときは、この黄砂です。いずれにしても、空がかすんで見えますが、かすみの空は春が近づいてくる証といえます。