8
小雪から 日経ちました
しょうせつ

小雪は孟冬十月の中気に当たり、いよいよ雪の舞い落ちてくる季節となったが、いまだ大雪には至らないという意味で小雪という。

7
大雪まであと 日です
たいせつ

大雪は仲冬十一月、建子(けんし)の月の節気。いよいよ大雪の降る頃という意味。

月曜日

2020
11
30
本みりんの日
【日の入りが一年で一番早い時期は?】1年で最も日没が早いのは12月上旬です。秋の日は釣瓶(つるべ)落としで、日没が日毎に早くなりますが、11月の下旬には、すっかり冬の弱々しい陽射しとなり、日暮れの早さを実感します。東京では、11月29日から12月13日までの半月間に渡り、日没の時刻が午後4時28分と、最も早くなっています。大阪は4時47分、那覇は5時37分と、西へ行くほど遅いですが、日没が遅く、明るいという事のありがたさは、なかなか実感できません。12月に北海道に旅行すると分かりますが、北海道は、4時には日の沈んでいる所が多く、根室では3時42分に日没となります。4時過ぎには、すっかり暗くなるわけで、自動車のヘッドライトの点灯が遅れ、交通事故につながることも多いそうです。「日没の1時間前」には点灯するようにしましょう。また、北海道で、1年で最も電気の使用量が多いのは、12月です。根室では、日の出の時刻が6時40分頃で、昼間の時間が8時間余り、夜は16時間近くと長いので、照明用の電気や、暖房用の電力の使用量が増えるためです。ちなみに、日の出が一番遅いのは1月の上旬で、東京では6時51分です。